ノキア(Nokia) Withings/Nokia スマート体重計 Body Cardio ブラック Wi-Fi/Bluetooth対応 心臓の健康チェック&体組成計 【日本正規代理店品】 – いい値段

おそらくnokiaからwithingsへの売却の影響でしょう。nokia側のサービスの提供の停止から脈波伝播速度(pwv)機能がなくなりました。「さて、このたび nokia 製品で、2017 年 6 月 20 日(火)発売の「body cardio(製品型番:wbs04)」におきまして、脈波伝播速度(pwv)機能を初めて家庭用スケールに導入いたしました。nokia 社は現在、脈波伝播速度の測定領域における機能には、異なるレベルの規制上の承認を必要とする可能性があることを確認しております。規制機関と連携する一方でこれを考慮し、脈波速度機能を取り除くことに決定しました。この措置は、体重の正確さ、体組成、心拍数など、当社の最も高度なスケールでご提供する他の機能には影響いたしません。」https://www. Jp/product/pdf/detail/body_cardio_information. Pdfwithingsは、withingsからnokia healthに移籍してきた約200名の従業員と共に、引き続きnokia health製品の販売とサポートを継続。年内にはwithingsブランドを復活させる予定とのことですので、withingsが再び機能を復活させる可能性も残されていると思います。withingsはnokiaと違って、誠実でやる気のある会社ですので期待して待ちます。おかえり!withings! 二度と帰ってくるな!nokia!!!.

体重計に乗るだけで携帯にデータが転送される。都度携帯に転送したり書き込んだりするのは面倒。最高に便利。待ってたその機能。他のサイトでこの商品について詳しくレビューしている人がいてこれにした。使い続けるにつれタニタやオムロンじゃないけど大丈夫か?といった心配は吹っ飛んだ。とってもスマートでスタイリッシュで機能もいい。北欧nokia!nice.

 

The whole purpose of upgrading to the top tier product was to take advantage of the wifi features. I contacted withings and their emails were friendly but did not solve the wifi connection problem and now i can not return the item to amazon.

(1週間使った時点での、レビューです。)<気に入っている点>1.デザインが美しく、スキがない。体重計という実用品なのに、サマになる製品。これは見ての通り。(反面、デザイン性>実用性、で設計されている印象はやや受ける製品ではあります。)2.wi-fi設定がスマホで数分で設定可能。めっちゃラク!  実家が数年前、当時のo社の最上位機種でwi-fiがついているものを買い、親が機械オンチのため、私がwi-fi設定を頼まれ、私が出向き、設定したのですが、そのo社の体重計についてきた専用ケーブルを使って体重計とpcをつなぎ、公式サイトからpcに専用設定ソフトをダウンロードして、でそのソフトを使って設定してとか…、まぁ、面倒な作業でした。(o社の最新製品の設定方法は知りません。) に比べて、これはスマホだけで、たぶん数分~5分もあればできると思います。少なくとも10分はかからないんじゃないんでしょうか。慣れてない人でも簡単にセットアップできるはずです。 (その実家のo社のも、この製品とほぼ同じサイズで大型でした。wi-fiとかの付加機能を充実させれば製品が大きくなるのは、ある程度避けられないのかも。)(うろ覚えですが、パッケージを開いた段階で、この体重計本体の充電残量は70%弱か80%弱、で届いたと思います。確実に半分以上の残量はありました)3.fitibitに結びつけ可能 これが私がこの商品を知ったきっかけです。いずれ、fitbitかnokiaのスマートウォッチを購入するのを考えている(機能・デザイン的にその二社が私好みっぽい)+fitbitによる体重計はあまりにもデザインがユニークすぎて私好みではない、のでnokiaのほうがいい、と思いました。(他社による、fitbitに結び付け可能な体重計はなにかと好みじゃなかったので、この点では、消去法です。)https://www. Com/weight/withings4.体重計を動かしたりしても、再設定が不必要 私がこの製品の前に使っていたo社のが、うかつにちょっと端を踏んで、どこかのサイドが浮き上がったり、平行を保たずに動かしたりしただけで、次回の測定時にエラーが出たり、設定が消えたりするぶん(もちろん、縦に立てかけるなんて不可能)で、再設定をそのたびしなくてはならず面倒でした。その点、これは一度設定するとそのままでいいので助かります。<不満点>1.ド近眼の私には、踵を置くべきライン(下から二番目の太い線)が判別しづらい。「体重測定時には、下から二番目の線に踵を置いてください」との指示があるのを知り、驚き。正直ちょっとこれは面倒くさい…(近眼=両目とも裸眼視力は0. 1未満+強い乱視もあり、の私には、購入前、商品を選ぶ過程で、商品写真などから、この商品の数値表示欄は小さいだろうと覚悟してでの、購入だったが、思った以上に読みづらい。この点は知ったうえ、覚悟して購入したので、勿論受け入れてはいる。ただ「足を置くべきライン」は、デザイン性を考慮しながらも、なんとか視認性を高めてほしかった。)2.測定された記録が一巡しか表示されない(それぞれ一回ずつ表示され、最後の項目に行ったら表示が消える)。 これは、不満点1、とも関連するが、もちろん視力の良い方には問題にならないのかもしれないが、近眼の私には、しゃがんで表示を確かめたいほどに、数値が読みにくい。つまり、体重計に直立してでの姿勢のままでは足元の数字は読みづらい。なので、表示を二巡させてくれれば、一度体重計からおりた後でも、しゃがんで体重を確認=二巡めの数値を確認する、ができ、確認が楽になる、と思う 私の前のo社のは7巡ぐらいしていた。流石に5巡以上はいいが、2巡ぐらいはせめてしてほしい。(メジャーで計ってみたところ、数値表示欄の数値の文字の大きさは、最大の縦幅1. 7か8cm程度(最大とあるのは、項目によって数字の大きさが変わるため)、それに比べ、今まで使っていたo社の文字は2. 7か8cmで、近眼の私でも十分視認でき、見やすかった。)(直立ではなく、もう半ば腰を折りながら画面を見ながら、測定することもあるが、特に測定に問題がある様子はないが、これはもちろん非推奨だろう。それともこの姿勢での測定は特に問題ないのか、よくわからない。) wi-fiには接続済みなんだから、あとでスマホで確認しなよ!、とも声があるだろうが、「いや、その場で確認できればそれに越したことはないはずじゃないか!! 目の良い人ならそうできる人もいるだろう。なぜそれを望んではいけないのだ!!」と強く思わずにはいられない。(数値表示ディスプレイの文字の小ささは受け入れている、とは前述しているが、やはり改善希望点であることには変わりないので、記述はしておく)3.「体重のみ! を測定(データ上に残さずに)すること」ができない。 これはどういうことかと言うと、「服を着たままだけど、ちょっと体重だけ、だいたいでいいから計ってみたいな」という時が結構あるのです。「服を全部脱いで計るほどではないけど」とか「服をいったん脱いでまた着直すには時間がない」とか「脱ぐには寒い」とか「ちょっとなんとなく、だいたいでいいから今の体重を目安として気軽に知りたい!」っていう時に使うモード。(この商品の前に使ってたo社のではありました。気軽に計れて、割と使っていた機能) (o社のは、データ転送不可能なだけで本体の機能は正常に動くので、データに残さずに、体重だけ(服着てる時でも、とか)計りたいとき、などには、o社のも使ってます。という、体重計を二台使用中です。) (よく考えたら、データに残さず体重のみ測定するのは、wi-fi機能を考えたら、技術的に無理なのかも…。だとしたら、残念。)補足: これを買う前は、o社のを使っていたのですが、(スマホのオサイフケータイ機能を利用するデータ転送機能付きモデル)、現在使っているスマホが海外メーカーの機種のため、オサイフケータイ機能不可で、前使っていたオサイフケータイ機能付き国内メーカースマホを捨てずにずっと体重計のデータ転送のためだけに使っていました。 ですが、最近、動作不具合でやむを得ず、古いほうのスマホを工場出荷時状態に戻してみたら、今度は、そのスマホのバージョンが古すぎて、最新のo社のデータ転送専用アプリをインストールできず、また専用機器を使い、パソコン経由でデータをネットにアップロードしようとしても、pcサービスも既に終了、という、スマホでもpcでもデータをネット転送できず! という状況に追い込まれました。 ネットでのデータ管理に慣れてしまっている今、手動でデータ入力は継続は無理、と判断し、ネット上だけですが、情報を収集し、この商品を買うに至りました。(t社、o社、p社の予約可能商品も含め検討した結果、これの購入を決めました。)(心拍数・天気機能は不要なので使用せず。)(ネットの時間帯別でもわかる天気予報をチェックするのが、ずっと日課)<まとめ> デザイン性を重視し、かつ視力の良い方には最適の製品だと思います。実用面を無視すれば、デザインに関して瑕疵はなし、と思います。インテリア性を重視する方にはお勧めです。 総合点85点あたりですかね。でも、現在のデザインがあってこその点数で、デザインが洗練されていなければ、実用性を含め考えればよくて70点です。(これは近眼の私にとっての点数で、もちろん、私の目が良かったとすれば点数は上がります。)(実際には、計る時のイライラ感、「数字読めないんですけど…!」というフラストレーションは、その時だけのもので、いつまでも持続する強いものではないので、慣れてきたら、もっと気に入るだろうし愛着も強くなる、と思います。)できれば、ビビッドカラーの体重計もあれば、もっとよかったです。(点数は85点ですが、日本企業の製品に慣れすぎている私が多く求めすぎていると思うので、星は5つです。).

結論から述べると、本機 → スマホアプリへのデータ転送は非常に使い勝手が良い。本機に乗るだけで自動的にアプリ側へデータ同期されるため、この機能を求めているのであれば買いだ。しかし、amazonの比較表を見ると分かるが、上位機種との違いは「心拍測定の有無」「組成分析の有無」のみであり、最上位機にあたる「body cardio」には「心拍測定」が付いてるだけなので、正直コレだけのために2万近く払う価値は無いと断言できる。流石に組成分析は欲しい機能なのだが、アプリ側の初期設定は主要機能の単位が「率:%」では無く「量:kg」表示となっているのだ、特に体脂肪と水分が全て「kg」で表示されるのは違和感しかない。まずはアプリ側で表示単位の変更をおすすめしたい。# [プロフィール] → [右上の*] → [計測単位] → [%での体組成]正直な所、国産メーカーの作る体組成計と比べると、内容がスカスカな体組成計に感じてしまうのだが。スマホアプリとの連携に限っては、国産メーカに無い強みを持っている体組成計だと思う。◆ 余談 ◆これは私の環境だけなのかも知れないが…。手元にあるandroid8端末を使用しての初期セットアップが、100%失敗してしまうのだ。android8端末は2台あるのだが、何れも同様の結果となった。もしや?と思いandroid7端末に変更し、セットアップした所、無事にセットアップが完了し、本機の更新処理を終えた所で、再度android8でセットアップをした所、こちらも無事完了する事ができた。もしかすると、本機のアップデートをしなければ、android8でセットアップができないのかもしれない。.

体重計をお風呂場に置くのが嫌なので、絨毯の上にも置けるこのモデルを選びました。日系メーカーのモノより外形は大きめですが、薄く、突起の少ない美しいデザインで、リビングにすっかり溶け込んでいます。リビングにあるお陰で、体組成を測るのがすっかり日課となり、小さな体の変化にも気づくようになりました。オススメです。.

【良かった点】・スマホアプリとの連動が速い。wifiで繋いでおけばほぼ瞬時にデータが渡る。・脈拍の計測が可能。・アプリおよび連携アプリが充実している。【気になった点】・nokiaのアプリなので、日本メーカーのアプリに比べると表現や表示に違和感や物足りなさを覚えることがある。・表示部が小さい。.

買ってから3日目で全く反応がなくなった。返品をするつもりです。.

利点と欠点

メリット

  • 脈波伝播速度機能が削除されていることを知りたかった。
  • 乗った人間を判別するしWiFiで送信してくれる
  • 自動で携帯に情報が転送される!

デメリット

Nokiaの勝手な仕様変更により脈波伝播速度機能が停止されました。nokiaの問い合わせ先のソフトバンクセレクションお客様窓口に返金または交換を申し出たところ、何も対応を行わないとのことです。勝手に機能停止させられて頭にきています。1つの星もつけたくないくらいです。.

私が悪いと言うより使いこなすためのガイドが非常に不親切だと感じています。セットアップは電源を入れて本体の画面に表示された通りネットからスマホアプリをダウンロードしその指示に従えとだけクイックガイドに書いてありそれ以上の情報は何も同梱されていません。その通りやると少なくとも私の場合は途中でかなりつまずきました。美味く進まないので電源スイッチを長押ししてみたりスマホ側をいじってみたりしていると二度と繰り返せない形で訳が分からないうちに終了しました。決して焦って早く操作したりしてはおらず、いつまでたっても反応しなかったり指示通りの動きをしなかったりだったので試しに色々やってみただけです。ネットで取説なりセットアップ方法を探してみましたが見当たりませんでした。何とか機能するようにはなりましたが、乗ると体組織計としての計測が始まりアプリから参照できるようにデータが記録されますが、だから何なのッて感じです。今時はそのような機能はどの体組織計でも標準で、タニタなどではそれをどのように利用するかをとても親切にガイドしたり目標管理できる表示方法や機能が付いています。この製品の場合にはそれを基にどのように目標管理すればよいかがまるで分からず、ただデータの羅列が画面に表示されるだけです。アプリに表示されるそれらのデータにどのような意味があってそれをどう利用するかを見れるかなと思ってスマホをタップしていくと、別の製品の購入画面に行きつくことが多く、この製品とスマホだけでどのように簡単に目標管理ができるかを示してくれる内容には至りません。心拍数も計ってくれますが、ここに乗った時だけの心拍数を計ってどうするのでしょうか?その時正常かどうかが分かるだけです。不整脈とかがあると警告してくれるのでしょうか?それも機能の説明がみあたらないので分かりません。先日「調子はどうですか?」と思われるメールが飛んできましたがすべて英語で訳分かりませんでした。英語が分かればもうすこし機能的にも理解できるサイトがあるのかもしれませんが、そこまでして学ばないと使いこなせないなら日本で買った意味がありません。乗れば計測してくれますので結局洗面所に置いてただの体重計として使用している毎日ですが、8人まで使えると言う機能もどう追加設定するのか分からず、アプリで捜してこれかなと思う+記号をトリガーにやってみましたが最後まで行くとエラーメッセージが表示されて追加できませんでした。毎日一人で乗って体重などを上から眺めるだけの銭湯にある体重計のようにな存在になっています。本当はもっと素敵に使えるものなのでしょうから、日本のユーザー目線に立ったいろいろな機能の設定マニュアル(画面でも良い)、そして計測結果の分かりやすい利用方法があると良いと思います。製品提供者は「ある」と考えているのかもしれませんが、ユーザーから見ると実用的にほど遠いものだと私個人的には思えます。.

パソコン、スマホに計測値が表示され非常に便利です。ソフトバンクセレクションお客様窓口は、良い対応です。.

薄いが 大きくて重い 体重計です。ざっと使ってみて長所 すぐ体重が出る 数度計っても ほぼ正確で安心感あり   bt、wifi が使え スマホにデータ保存可能   短所 日本語の説明が簡単すぎて、webサイトで探さないとだめ   体重表示は早いが、 他のデータは ×が出て取れないことが多い   体重計に乗ったときだけ 心拍計ってどうするのか不明デジタルの体重計は、日本製の著名メーカー製も オムロンですが比較的すぐ壊れ、高価なのに でたらめを表示し 2回はかって数キロ違うなど 全く 使いものにならない。この製品は、とにかく 正しく体重が計れ、記録できる 指導プログラムは数種あるようだが、シェープアップ、睡眠、妊娠トラッカーで残念ながら アスリート向きでない。スマホ記録は、体脂肪量、水分量、筋肉量、骨量出 ガイド表示は 健康的か太りすぎかにとどまる。ユーザーが喜びそうな表示は見当たらないので、まじめだがつまらないように見えるかも。 総評として、ソフトの出来次第でもっと使いやすく、うれしい体重計になる と思われる高価だがしっかり作られていて、大事に使って 長持ちするなら 価値はある。.

体重計としての値段は高いですが、家族の健康管理と思えばですスマホに転送されて記録されます。iphoneだとiosのヘルスケアと同期も出来ます。.

従来は食事時間などに大きく左右されており、なんとなく増えているかな、というぐらいしか感じなかったのですが、自動的に記録されると一日に何度測っても体重の傾向が分かりダイエットのモチベーションにつながっています。設定も簡単でアプリの体重表示も問題ありません。2か月ほど使っていて問題は起こっていません。.

非常に便利です。乗るだけで体重、体脂肪率、筋肉量、水分量等が記録されます。毎日体重計に乗って楽しみながら体づくりができます。.

スマートフォンと連携する体重計は数多くありますがbluetoothではなくwi-fiでデータの送受信を行う為体重計測時にスマートフォンで毎回、bluetooth接続を行う煩わしさがなく一度、連携してしまうと体重計に乗るだけで自動的にデータがスマートフォンに送信されますまた、ファミリー機能があり複数人の人間を登録でき誰が乗ったかを自動的に判別して自動的にその人物のデータとして認識されます体重、体脂肪率、bmiを正しくグラフにして管理したいと思いつつ毎回、記録したりデータを手で送信する煩わしさで止めてしまう人にお勧めしたいです.

Withingsという会社がnokiaに吸収され、サービスが低下気味と感じていさなかに、理由説明も不十分なまま脈波伝播速度機能が停止されました(向こうのサーバーにwifi接続しているので、勝手に止められてしまう)。まあ、脈波伝播速度機能が無くても、十分に魅力的な機能があるわけだが、その魅力的な機能が風呂上がりの体じゃないと機能しないという事で、返金要求しちゃいました。最近になりnokiaから、元withiings設立者が買い戻したので、今後のwithings商品に期待です。.

特徴 Withings/Nokia スマート体重計 Body Cardio ブラック Wi-Fi/Bluetooth対応 心臓の健康チェック&体組成計 【日本正規代理店品】

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 【ブランド移行】「Nokia」は「Withings」にブランド名変更を行っております。製品やサービス、保証に変更はございません。
  • 【スマート体組成計】デザイン一新、画期的な技術 あなたの心臓の健康を第一に考えたスマート体組成計
  • 【クラス最高の正確性】体重、BMI、体脂肪、水分率のほか、骨量、筋肉量も測定
  • 【高精度の計量 】100g単位で高い安定性の体重計
  • 【長持ちバッテリー】最長12か月連続使用可能
  • 【ベビーモード】ベビーモードと妊娠モードも搭載し、赤ちゃんの健康もトラッキング可能

メーカーより

世界最先端の身体組成計

体組成を知り、心臓の健康状態を知り、生活習慣を改善

Body Cardioは、健康管理と健康増進をあらゆる方法でサポートします。全身組成の総合的測定、Health Mateアプリとのシームレスな連動を特徴とするBody Cardio は、世界最先端の身体組成計です。

毎日、簡単に健康チェック

心拍:起立時心拍のトラッキングにより、心臓の健康状態を総合的にチェックできます。

スマートに体重測定

Body Cardio は体重、BMI、体脂肪、水分率のほか、骨量、筋肉量も測定します。

データが一目瞭然

体重計に乗るたび、Wi-FiやBluetoothを通じてデータがHealth Mateアプリに同期されます。

家族全員で共有

最大8名のユーザーを自動認識し、データを記録できます。

赤ちゃんをモニタリング

ベビーモードと妊娠モードも搭載し、赤ちゃんの健康もトラッキング可能です。

斬新なデザイン

頑丈なアルミ製ベースは厚さわずか18ミリ。脚の調節も不要な、超薄型で安定したデザインです。硬いフローリングでも毛足の長いカーペットでも、あらゆるタイプの床面で正確に機能します。

幅広いパートナー

Health Mateは100以上の健康・フィットネスアプリと連携できます。MyFitnessPal、Weight Watchers、Runkeeper、MapMyRunなどの人気アプリに対応です。

無料Health Mate アプリ (Android 5.0+ / iOS8+)
自動同期: Wi-Fi & Bluetooth
マルチユーザー:最大8人
体重&BMI
天気予報&アクティビティ報告
MyFitnessPalによる食事記録
全身組成分析:体脂肪、筋肉量、骨量、体水分率
心拍
電池寿命 最大12ヵ月間持続します(充電式) 最大18ヵ月間持続します(電池式) 最大18ヵ月間持続します(電池式)

自分自身は持病の関係で血圧計&活動量計を使用しているため、トータルで連携できる omron 製の体重計を使用しているので、他の家族についてもそちらで測定&データを取っていましたが、本製品を使用してみて基本的には高齢の母の専用体重計として使用することにしました。その理由をまとめてみます。まず第一に本製品が wi-fi に対応しており nokia アカウントと連携することで bluetooth のみの製品と異なり都度都度スマートデバイスと同期を行わずともスマートデバイスのアプリを起動するだけで自動的に本製品から nokia サーバに同期されたデータを取得して表示できるということです。これが高齢の母の専用機とした最大のポイントでした。母は既に 70 代後半で、60 代の頃に覚えた bd レコーダでの録画予約やその録画した番組を dtcp-ip 経由で寝室 tv で再生したり、android タブレットでスーパーのチラシをチェックしたり、gmail で家族とメールしたりといったことはそつなくこなすものの、最近は新しいことを覚えるのは流石にちょっと苦手になってきているので、自分専用の android タブレットで bluetooth 連携で都度同期が必要な体重計の操作を新規に覚えるのは難しかったようなのですが、本製品とアプリでの連携の場合は android タブレットホーム画面のアプリアイコンをタップすれば自動でデータ同期が行われる(もし行われなくても、gmail アプリと同様に下にスワイプすれば同期できるので難しくないとのこと)ので、「新しいことを覚えなくても簡単に利用できる」というところが非常に気に入ったようです。次に、重量が 2. 6kg と結構重たいのですが厚さが 18mm と非常に薄くかつカーペットっやラグの上でも測定できるため、置く場所を選ばず部屋の隅に置きっぱなしにしておき、乗るだけで測定→サーバへデータ送信が行われるためアプリのデータ同期と同様、利用者が特に何も考えずにただ乗るだけで良い、という点です。他社製品でも体重や体脂肪率を元に体重計に乗って電源 on&測定&登録ユーザ識別、は行われる製品が多いですが、ラグやカーペットの上でも使用可能と謳っている製品はあまりなく、設置場所を選ばないというのは大きなアドバンテージです。また、通院時に体重データをお医者様に見せる際も、これまでは手でメモしていましたが本製品は基本的に全てのデータはコンソールバインドではなくアカウントバインドであるため本製品が手元にない状態でもアカウントでログインしてオンラインダッシュボードから csv が取得できるので自分がそれをグラフ化してプリントアウトしてあげればよく(pdf で母の gmail に送れば、タブレットを病院に持っていくだけでも ok)、利用者は母、管理者は自分といった使い方が可能という点でも便利だと思います。一点だけ微妙に不便なのは電源が microusb による充電のみで乾電池での動作ができないので、いざ使用しようとしたときに電池切れ…といった場合にすぐに使いづらい(充電しながらの使用は避けるようにという記載もあります)というところだけでしょうか。ただ、電池残量についてもオンラインダッシュボードからデバイス情報で表示される(添付画像)ので、管理者である自分がしっかり管理してあげることで対応するしかないかなと思っています。.

『心臓の健康チェック』『体重、体組成、心血管の健康指標などの推移を見ることによって、何が効果的なのかを確認し、モチベーションを維持して、目標に集中することができます。(メーカ資料より)』『心臓の健康状態を総合的にチェックできます。』と説明に書かれており、心血管の健康指標ってなに!?→利用者などのブログ、比較サイト閲覧→脈波伝播速度が測定できる!とわかって購入しましたが、結果測定できず。。。よくよく調べてみたら、機能が削除されていることがわかりました。正規代理店なら、あいまいな表現(うたい文句)は避けて、説明文に一文でも説明書きをしてほしいと感じました。それ以外の機能は申し分ないので、残念です。.

おしゃれなデザインのスマート体重計です。スムーズにスマホと連動してくれるので手軽にデータ管理できます。◎色々測れる・体重、bmi、筋肉量、脂肪、水分率、骨量、心拍数が測定できます。・wifi接続すると天気、最高、最低気温も表示してくれます。 朝シャワーの際に体重計に乗るので天気が分かると意外と役立ちます。◎簡単測定&8人まで登録可能・乗るだけで体重から誰かを判定してくれます。・8人まで登録可能です。◎スマホアプリ連携で体重管理・データはwifi経由で自動転送します。むちゃくちゃ楽ちんです。・スマホアプリでデータ閲覧できるので体重変化が一目瞭然です。・パソコンのサイトからもデータ管理できます。こっちの方がスマホより見やすいです。△スマホ必須です。・スマホアプリをダウンロードし、ブルートゥース接続して初期設定します。・スマホがないと初期設定もままなりません。 (本品をスタンドアロンで使用する人はまずいないとは思いますが)△デカい本体&小さい表示部・欧米人向けなんでしょうか。本体は薄型ですが床面積が大きく、邪魔です。・そのくせ表示部は小さく、若干文字が読み取り辛いです。(読めなくはないがもう少し大きい方がいい)○~△充電式です。・フル充電で約1年電池が持つそうです。充電はusbケーブルです。・ぶっちゃけ乾電池式の方がらくちんです。×ユーザー名は漢字非対応です。・アプリからユーザー名を登録するのですが、 その際に漢字で登録してしまうと本体の表示がaaaとなっていまいます。・どこにもその旨の記載はなく不親切です。××設置場所によっては滑って危険。・ちょっと信じられないのですが接地面にゴム足がついていません。日本製品では考えられない。・置き場所によっては超滑ります。・洗面所のフローリングに置いたところ、真上からでなくややななめ上から乗ると 本体がずずっとと滑ってすっ転びそうになりました。 危ないので早急に改善が必要だと思います。.

Usb充電ができる店は良い。ただし、お風呂場で使う製品であるが、水に弱いのはng。.

Wifiさえあれば、乗るだけで済む体重計が、これしかないのと、血圧計、睡眠計、steel hrと健康管理を統一管理できるのがとても便利です。単身赴任の転勤が決まり、週末用とweek dayとbody+とbody cardioの二台を使うことにしました。withingからnokiaになってまた、withingと忙しいですが、アプリは同じでhealthmateは使い勝手が良いので気に入っています。セットアップは、wifiのパスワードを入力するときに、iphoneが、withing. Comのパスワードを入れるかと聞いてくるのでこれを無視することさえ、わかっていれば問題なく進みます。二つの体重計の測定が混在しても、体重の傾向を統一的に見ることができるので全く問題がありません。ありません。この辺りは、アプリが良くできています。また、body+は電池で、200g単位。cardioはusb充電で100g単位+心拍測定です。.

スマホで、体重の管理ができて大変重宝していたが、1年半で突然故障修理対象外、保証外でゴミになってしまいました。便利なので買おうか再検討中ですが、保証や修理に気をつけた方がいいと思います。.

心拍数不要な人はbody+、必要な人は本製品という決め方で良いと思います。この2製品は現時点での価格比が5:9なので。諸事情により本製品の脈波伝達速度計測機能がオミットされてしまったが故に、価格に対する機能差が心拍数測定機能だけとなると悩む人も多いと思います。心拍数測定は、体重といくつかの値が表示された後に測定が始まるので、測定が終わるまで載り続けていないといけません。このあたりがbody+との使い勝手の差に影響しています。なお、wifi接続は、当方のマンションインターネットでエラーが出てつながりませんでしたが、フレッツ光ではつながりました。一度つながってしまえば毎回確実につながる点はbluetooth接続に比べて安心確実な点です。(body+も同様)個人的には心拍数は常時モニタリングのほうがよほど重要なので、本製品で測るよりはアクティビティトラッカーで測ったほうが良いと思います。.

色々なウェブサービス(myfitness palやfitbit,garminなど)との連携がとれるところがこの体重計の一番の長所だと考えています。本体が薄く、置き場所に困らずデザインも主張しすぎないところも気に入っています。.

同じ製品を2回購入しました。1つ目は1ヶ月を少し過ぎたところで体重を測るとデタラメな数字が表示される様になりました。ファームウェアのアップデートやソフトウェアの再インストール等全部やりましたが復活しませんでした。明らかにハード的な問題の様に見受けられたので、サポートに連絡しようとnokiaのhpから連絡先を探していたところ嫌な予感がしました。まず電話での連絡先がありません。仕方なく問い合わせフォームから問い合わせをすると自動返信で残念ながら日本語ではサポート出来ませんと届きました。だったら何のためにこの問い合わせフォームはあるんだと思いながら、メールに書かれたソフトバンクセレクションという更に嫌な予感がする連絡先があり、リンクをクリックすると何とも時代にそぐわない問い合わせフォームが立ち上がり、この携帯からもの凄く入力しにくい問い合わせフォームに入力しろという会社はお客様をサポートする気はないだろうと思いながらも仕方がないので入力し、送信すると何と携帯メールだからかエラーでリターン。ちなみにソフトバンクのアドレスです。再度頑張ってpcメールを返信先にして再送。今度は何とか送れました。しかし普通こういうメールにはすぐに返信があると思うが、来たのは2日後。しかも返信内容は入力された情報では機種が分からないとのこと。シリアルナンバーや機種名入力しているのに分からないとは何事だと思いながらもフォームでは必須ではなかった項目を教えろと言うので追加で送信。その後、また2日間連絡なし。もうここはダメだと思い、返品期限は過ぎていたが販売元であるアマゾンにサポートがラチがあかない旨連絡したところ数分以内に返品を承りますとの連絡。ソフトバンクセレクションのダメさが先にあったこともあり、アマゾンの対応の良さが引き立ちました。返品期限は切れており、当然壊れるまで毎日使っていた使い古しを返品承ります。着払いでお送りくださいと。この迅速で気持ちの良い対応に平伏し、返品作業を終えた後、直ぐに2回目の購入をしました。今のところ2台目は不具合もなく日々の体重管理に本当に重宝しています。.

体重計としては最も高価な部類にはいりますが、体重計になにを求めるかによって評価が分かれる機種でしょう。ボディの質感や薄さ、表示のスマートさ(でもちょっと文字が小さい)、マイクロusbでの充電、スマホとのwifi経由(普通はbluetooth)での連携など、普及価格帯との違いは感じます。これの6分の1の価格の1byoneの体重計を先日買いましたが、しかしながらアドバンテージがそれの6倍もあるとまでは思えませんでした。私が体重計に求めるのは、体重の増減をスマホ上のグラフで簡単に確認できることです。体重を減らしたいというものありますし、内蔵系の病気の早期発見にも役立つからです。<アプリのできがよくない>nokiaのiosアプリでは、5つのアイコンが下段に並びます。”日記”・”ダッシュボード”・”プログラム”・”マイデバイス”・”プロフィール” です。体重を折れ線グラフで表示するのは ダッシュボード -> 体重、体脂肪量、筋密度、体内水分、心臓、骨密度 それぞれをタップするとその変化が折れ線グラフで表示されます。表示期間は週・月・クオーター・年から選べます。しかし、”日記”をタップしても同じような情報が出て来ます。”プログラム”では「進行中のプログラム」->シェープアップとありますが、その先は英語です。->順位表 では「友人を誘って歩数を競いましょう」など、外国のノリじゃないでしょうか。”マイデバイス”では、体重計が写真付きで表示され、これだけは思ったとおりで本体設定でした。”プロフィール” ->バッジ で外人の名前と距離がkmで表示されました。「いったいどこの誰と競い合うのだ?!」とツッコミました。アプリ全体の印象としては、いろんなものを盛り込んでいるが、直感で必要な情報にアクセスできない、いうものです。本体表示で歩数計の表示がありますが、これらは別のデバイスからwifi経由で取得するものでしょう。わざわざ離れて見にくい体重計の小窓に表示する意味がわかりません。天気もwifi下でのみ表示されますが、これも同様です。一般的な体重計と一線を画す機能が「心拍数」ですが、乗っているときだけ測定するものです。心臓疾患の予防や対策には、腕時計タイプの同様の機能をもつものの方がより実用的ではないでしょうか。オムロンカラダスキャンでは、数値から身体年齢が表示されるのがわかりやすく、けっこう励みにもなりました。こうしたわかりやすい数値は用意されていません。また、デフォルトが白人向けなのでしょうか、プロフィール編集で、アスリートモードのすぐ下にあるジャパニーズをonにしないと、国産機で測定されるデータから乖離するらしいです。製品としては確かに高機能で、高級感のあるボディです。しかし、これを18,000円という値段で割った場合にはコストパフォーマンスに疑問が残りました。もしこれが普及価格帯のちょい高めである5000円くらいだったら、問題なくお勧めできたでしょう。追記)数ヶ月使った評価です。乗っただけで個人判定が出来ますが、誤判定も無く便利です。wifi でスマホとの連携も安定しています。nokia のスマートウオッチも併用していますが、アプリにそれぞれの機器のデータがしっかりと反映されて、健康管理には優れものだと実感しています。.

今まではtanitaのinnerscan50を使っていましたが、withings steel hr sportの購入に合わせて、この体重計を買いました。早速スマホと同期させ使ったのですが、体脂肪率がはかれない。10回くらい測定して1回測定できた。不良品かと思ったのですが、とりあえず、日に数回測るようにすると、風呂上がりがほぼ100%測れることを発見。私は毎朝起きてすぐに体重を測って記録を取っていたので、tanita体重計で朝計測し、夜にこの体重計を使うという不自由な生活を1ヶ月半ほど続けていました。ある日、風呂上がりのように足の裏を濡らしたら良いのでは?と思いつき、試してみたら大正解。朝でもいつでも体脂肪率が測れるようになりました。もしも、同じようなことで困っている人がいましたら、試してください。体脂肪率でもう1つ気になった点があります。   tanita体重 tanita脂肪  withings体重 withings体脂肪1/26  60. 6%ちなみに1/26の主食は、朝 クリームシチュー、昼 クリームシチュー、夜 寄せ鍋 で、1日のカロリーは約2200でした。脂肪分が多すぎたのでしょうか。1日で体重は変わらず、体脂肪量が6kgも増えています。tanitaも上げ幅は半分ですが同様の動きを見せているで、電流を流して計測する方法の限界があるのかも知れません。。。.

設定さえクリアすれば、非常に手軽かつ便利な製品です。初期設定はbluetooth接続で行いますが、android9のaquos r2では接続が上手くいかず、先に進めませんでした。当製品側の問題か携帯側の問題かはわかりませんが、参考まで。ios端末に変えて試したところ、スムーズに初期設定を済ませることができました。wi-fiおよびユーザー設定(要アカウント作成)後は、のるだけ!ユーザー判定、データ転送共に安定して自動で行なってくれます。毎日使うものですので、これ重要です。購入にあたり抵抗のあった充電式ですが、約50日2名で使用し、20パーセント程の消費でした。このペースであれば我が家では問題ありません。アプリもデータがグラフィカルに見られ、体重計にのるのが楽しみになりました。ダイエットのモチベーションアップにも有効だと思います。体重計としては高額ですが、満足度は高いです。.

ベスト Withings/Nokia スマート体重計 Body Cardio ブラック Wi-Fi/Bluetooth対応 心臓の健康チェック&体組成計 【日本正規代理店品】 レビュー

Summary
Review Date
Reviewed Item
Withings/Nokia スマート体重計 Body Cardio ブラック Wi-Fi/Bluetooth対応 心臓の健康チェック&体組成計 【日本正規代理店品】
Rating
4.6 of 5 stars, based on 29件のカスタマーレビュー reviews