ポラール(POLAR) Polar – 活動量計におすすめ!

他人が持ってないので、若干の優越感は覚えます。歩数表示は甘い。睡眠状態がわかるので重宝してます。.

同期が簡単で、スムーズです。欲しいのは、血圧計です。胸バンド仕様の物よりも取扱いが、楽です。汗の臭い処理をその都度しなくても良い。.

 

Iphoneと同期させて使っています。心拍数のデータだけはa370をトレーニングモードにしないと、appleヘルスケアで見られるようになりません。サポートの対応も良くないです。買って、ここまで後悔したのは初めてです。値段に見合う代物ではありません。睡眠も検出されないことが頻繁にあります。.

レズミルズのレッスン時に使用自分の頑張り度を計るのに良いです❗毎回レッスンを受けるのが楽しみ🎵アプリが少し怪しく、ウイルスバスターから警告受けます⚠️.

サイコンのv650のお供に購入しました。サイコンも含めてガーミンとどちらが良いか悩みましたが、デザイン面でpolarが気に入ったので購入しました。まずデザインはとても気に入っています。それ以外の面は正直如何なものかと思わざるを得ません。まずインターフェースが分かりにくいです。個々のマークというか表示が直感的ではありません。この辺は慣れてくれば何とかなるのかなと思いますが・・・・。そして次が最大の問題点です。。。pcと接続するとpolar flow syncというソフトが立ち上がりpcと同期を始めるのですが、すんなり繋がる事がまずありません。何度も同期に失敗します。usbで繋げていますが、ケーブルの断線を疑うレベルで同期に失敗します。pcは4年前のvaioでwin10です。スマホのアプリとも同期できますが、これでもかというくらい失敗します。bt接続ですが、スマホの隣に置いてても失敗します。スマホのbtが故障したのでは?と思うレベルで失敗します。スマホは2年前のxperia z3です。ちなみにサイコンのv650も同じように繋がりにくいです。v650と接続して心拍計として使っていますが、v650上では接続に成功しているにも関わらず、トレーニング結果には反映されていません。睡眠を計測してくれる機能がありますが、この4日間計測してくれません。メーカーには別件でも何度も問い合わせているので、新たに問い合わせる事にもうんざりです。という事で星3つはデザイン面のみの点数です。それ以外は文面よりお察しください。最初のレビューが.

Polar(ポラール) ft4m を3年間使用して無くしたため、2015年11月28日にa360注文。無くしていたft4mが出てきたため、ft4mを右手にはめ、a360と比べました。a360の光センサーでは満足のいく結果は出ませんでした(詳細は下記に記載)。評価できる点; 活動量計として、時刻表示に常に反映されている点が素晴らしい、、見るたびにもう少し体を動かしたくなる。残念な点; 暗くてもよいので常に時刻を表示してほしい。パッと時刻を知りたい時に腕を動かし、ゆっくり表示されるため、日常の仕事では使いずらい。2017年9月26日 a370用 リストストラップ ホワイトを購入し、装着しています。a360のより、しっかりした装着感、表面の少しザラザラした感じ、全て良いです。2018年9月10日リストストラップ内の本体を固定する部分の黄白色の硬いゴムが上下とも外れました(画像参照 上のストラップはa360の未使用品)。また本体のusb充電の端子を覆うカバーが切れました(白い糸で結びましたがすぐダメになりそうです 画像参照)。24時間、入浴、運動中も常に身につけていましたので、強度はわかりませんが、1年でリストストラップは壊れ、3年で本体のカバー部分が壊れました。しかし私は大変この商品を気に入っています。a370を注文しようか悩んでいるところです^^;詳細)ft4mよりa360の方がhr%(max)が3-10%高く出ます。同じぐらいになるときは、休んでhr%(max)が70%台前半のときぐらいです。走り始めるとa360はすぐに90%台に入ります。寒い日(気温10度前後)で3日間検討しましたが、同じ結果です。リスト型心拍モニターですので、血流を拾いきれずに、a360の方がhr%(max)が低く出るなら理解もできるのですが、polar h7 心拍センサーを買ったほうがいいのか悩んでいます。追記です。4日間同様のテストしました(早朝、気温7-10度、左右のリストに1日おきに交互に装着)。走り始めは常にa360の方がhr%(max)が3-10%高く出ます(時に15%)。走り始めて35分たつと、a360とft4mが近い値をしますようになるようです。しかし常にa360の方が1-4%程高く出るようです。休んでhr%(max)が60%から70%台前半ではほぼ同じ値を示します。走り始めると、a360とft4mは同じ程度でhr%は上昇しますが、休むとft4mは速やかに低下しますが、a360は30秒以上遅れて低下してきます。a360では冬場で早朝30分程度のhrトレーニングでは負荷が少なくなる可能性があると判断し、ft4mを使用します。知的好奇心をくすぶられた点を考慮して、星一つ増やし、2点といたしました。追記です。昼に3回走りました(気温13-18度)。走り始めから、hr%(max) 80%前後まで、a360とft4mはほぼ同じ値を示します。ft4mで83%越えたあたりで、a360は10%近く高い値を示しました。推測: 抹消血管の脈動を検知しにくい状況(気温が低い早朝、高い心拍数)ではa360は胸部ベルトで得られる心拍数より高い値を示す可能性があるかも知れません。   昼にhr%(max) 82%以下の負荷で走るには、a360は適しているかも知れません。2016/4/11追記です。A360の光学式hrセンサーの精度について、興味あるレビューを発見、リンクの同意も得られましたので、こちらです。 「猫、a360」で検索してください。2017/11/10追記です。センサーの精度について、11人の被験者を用いて検査されています。誤差の可能性あり、との評価です。「市販光学式心拍計における心拍数計測信頼性評価」これまでの経過と、このレビューを拝見して、polarのh7(チェストストラップ型hrセンサー)を購入しました。A360単体では、ペースをあげたhrトレーニングは困難と感じます。.

不正確なchina製品を卒業したくなり、fitbit blazeとかなり迷いましたが、表題の点が決め手となりこちらを購入。☆良い点・何よりも充電が楽!添付の通り裏面のカバー(防水の要)を外し、マイクロusbを刺すだけ!専用充電器の持ち運びが不要なので、外出時に荷物が減る。・液晶も日中でも視認性が高く、いろいろと変えられるので飽きない。・水泳で使えるほどの防水通り、シャワー&洗ってもびくともしない。汗をかいても丸ごと洗えるので助かります。・心拍数に関しては、ランニング継続しましたがしっかりと計測できてます。ちゃんと坂道で心拍数が上がり、休憩時に下がり、うれしかった。(デタラメでない)・走行距離もほぼ一致。しかもnike+と連携出来るのもありがたい。(スマホ持たずに帰宅してから同期でnike+にデータ追加可能)・運動のスケジュール管理ができる上に運動の種類も豊富で、当方がやっている極真空手にも対応できそう。(フィットネス武道/ボクシングがあり。組手では外しますがミット、サンドバッグは着けてみて耐久性試します。)★あと少し・fitibitと異なり、食事プログラムはありません。食事ダイエットをされる人には向かないかな?・正規品しかなく、替バンドが高い!4,000円だと安物のchina製が買えてしまう…。(爆)・同期はpcではusbケーブル繋げるだけなので何の問題もないが、スマホでのbluetoothはpinコード(本体の液晶に同期中に表示される数字)の入力が必要となるので、そこがわからない人には関門かも…。.

パソコンとa370のデータ更新が出来なくなったのでサポート依頼のメールを送りました。受付の自動返信メールを受けてから現在5日経過しておりますが何の連絡もありません。仕方なく本体を初期化して自力で原状回復できましたが、なんなんでしょうかね、このメーカー。.

利点と欠点

メリット

  • 防水&充電が便利!
  • 今のところ良いかな
  • 万歩計としては良い

デメリット

3ヶ月程使用。サイクリングで外出(気温35℃ほど)したら、脈拍測定できなくなりました。緑のLEDが点灯せず….

防水のために仕方ないのでしょうけど、usbの差込口が裏面にあるので、装着したまま充電ができないのが不便だなぁ・・。不満はそれぐらいです。.

もう三世代目の購入ですが、今回のはスマート通知は、現在どうやってもできない。バージョンアップの度に今まで出来てたスマート通知ができなくなる。バージョンアップの度に同期や設定が必要。ここしばらくは、何度設定しなおしても、スマート通知はできないのてかなり不便。買うなら期待せず、万歩計として購入するのであれば、じゅうぶん。それ以上の機能をこれに求めてはいけない。わたしは、アップルウオッチに買いかえる方で検討中。.

実は、fitbitとpolarで悩み、お店の方がpolarはどちらかというとスポーツ向きと言われたのでfitbitを購入しました。これが悪夢の始まりでサポートにうんざりしてお店の方に理由を説明し返金をしてもらいました。 そしてこちらを購入しました。スマホを利用していれば、fitbitもあんなに大変でなかったと思うのですが、(fitbitではパソコン利用者はマイノリティみたいです)1.買ったその日に使えてうれしい。(fitbitは1週間たってもパソコン用部品が届かなかった)2. パソコンとの同期も全く問題なし。今日で3日目ですが、同期する度にパソコンにデータが入り可視化できるのが嬉しいです。3.必要な情報が全てwebにあるので、パソコン利用でも問題ありませんでした。(fitbitはwebには何の情報もなく、購入時のパッケージの中に取説もなく、サポート電話はマニラだし困りました)4.画面の文字の色も変えられたりして楽しい5.睡眠の状態も良くわかる6.座りっぱなしだと、叱られるし7.デザインもいい。なかなか楽しいです。.

友人に勧められて買いましたが、凄くいいです。睡眠も勝手に測ってくれます。通知機能も内容の一部を表示してくれます。バッテリーも一日で半分以上残ってます。お風呂の間だけ充電で満タンになります。.

ガラケー派でmac pcでの使用できるものとして購入しました。機能は大変満足しています。メーカーへの問い合わせも親切で助かりました。ただ、バンドのシリコンで皮膚がカブれてしまいました。私自身の問題ですが、同じような方もいらっしゃると思うので…追記4ヶ月も経たないうちに接続できなくなりました ベルトも切れました費用・送料は実費との事 製品、サービス共に信用できません.

一年くらい使ってますが、マイクロusbのフタを止めてある突起が折れる。電源スイッチの金属が取れて探し回る。機能はいいけど改良すべき構造がおおい。あとはペアリングが異常に繋がらない。専用アプリなしでもスマートウオッチとして使える用にしてほしい。.

心拍センサーとして、・avventura(cc-gps200) 起動時に毎回ペアリングをして使用する仕様です。 また、a370本体設定から選択可能な【継続的心拍計測】と【HRセンサーとして使用】を 同時にonにしていると心拍数がサイコンに表示されません。 【継続的心拍計測】をoffの状態でペアリングすることでサイコン画面に心拍数が表示されます。・パドローネ スマート+・cat eye cyclingで使用しています。胸部に装着するバンドタイプの心拍計に違和感を感じる方にお勧めします。.

他店にて購入しましたが,レビューします.polarのほかにfitbit等各種使っていますが,今回のpolar a370 はスマートフォンのアプリはもちろんなのですが,pcからアクセスするwebアプリの方もかなり充実しています.まあある意味,画面を見ながら反省するほうが多いのですが(苦笑)多くのアクティビティトラッカーはスマートフォン中心に設計されているように感じますが,このpolarのパソコンのブラウザから利用できるweb画面が充実していることは特筆すべきことかと思います.なんといっても一覧性が非常に高いので,計画しながら運動する方にはうってつけです.これは,具体例としてはブラウザから「ダイアリー」として,カレンダー形式でトレーニングの履歴や予定などを設定・確認したり,睡眠ログの確認が簡単にできます.また,翻訳品質も優れていると感じます.時計そのものの機能は活動量計,心拍計とそれをベースにした睡眠記録など,かなり絞られている印象をうけますが,測定値はなかなか信頼できるような気がします.ただ,私はもともとついているバンド(の余った部分を止める部分)と皮膚の相性が良くなかったのか,かぶれてしまいました(他の方のレビューにもありましたね).純正の替えバンドはとても高価なのですが,世界中を探すと互換品がいろいろとあるので,興味のある方は探してみてはいかがでしょうか(数百円で購入できたりするのもありますが,品質は. . ??).ということで,私は四六時中身につけるのはちょっと厳しいので,運動時にnokia steel hr のかわりに着けたりします.また,時計そのもののファームウェアも比較的メンテされている印象があります.つい先日 (2018/5/30 リリース)も新しいファームウェアが公開されました.アップデートにはなんと1時間弱(50分と表示されて,実際そのくらいかかりました)要しました.たとえば,ということで以下のようなファームウェアのリリースが出ます.https://support. Com/en/updates/polar-a370-firmware-update-1091?product=a370一点私が困ったのは時計そのものというわけではないのですが, fitbit フィットビット 心拍計 フィットネスリストバンド charge2 心拍 睡眠 vo2max 健康管理 活動量計 アクティブトラッカー black ブラック lサイズ 【日本正規品】 fb407sbkl-jpn のレビューでも書いたとおり,時計そのものの嵩(約13mm程度)がそれなりにあるので,普段時計をしない私はワイシャツの袖(カフス周り)を時計をしない状態で作ってしまっていたので,サイズが足りずボタン(カフス)ができなくなってしまうものがありました.普段から嵩のある時計をされている方でしたら問題ないかと思いますが,気になる方は店頭等で試していただいたほうが良いかと思います(まあ要するに,時計としてはかなりゴツイ部類です).評価は星4つですが,・スマホアプリだけでなく,webアプリも充実した本格的な活動量計であること・運動の計画や履歴を設定・確認しやすい(パソコン経由)・時計全体がかなりゴツイところとバンドが私には少々合わないという評価にもとづいています..

特徴 Polar(ポラール) 【日本語対応/日本正規品】活動量計+リスト型心拍計 A370

  • 設計:フィンランド 原産国:中国ディスプレイ:フルカラーTFT液晶(80×160ピクセル) サイズ13mmx27mm
  • セット内容・付属品:A370本体、USBケーブル、スタートガイド
  • 電源:本体内蔵の充電式バッテリー。110mAHリチウムポリマー電池(交換不可)耐水性:30m(WR30/入浴や水泳が可能)対応言語:日本語・中国語・英語を含む15ヶ国語
  • 使用可能時間:最長4日(心拍数を継続的に計測し、1日1時間のトレーニングを含む、毎日24時間の活動量を記録した場合 (スマート通知の利用なし))/12時間(スマホのGPS連携でトレーニングを実施した場合)
  • 機能:毎日5分毎に24時間の継続的な心拍計測及び心拍ゾーンの表示(5段階)、毎日24時間のアクティビティ記録(5段階)、歩数や距離、消費カロリー表示、活動目標達成へのガイダンス、低活動アラート、アラームをディスプレイとバイブレーションで通知、SLEEP PLUS TMで睡眠時間と質を記録(無料のPolar Flowウェブサービスとアプリで表示)、フィットネステスト(別売りのH10心拍センサーが必要)、スマート通知 スマートフォンへの着信、メール受信、アプリ通知等をBluetooth smartでA370にカラー液晶画面とバイブレーションで通知、スポーツプロファイル 100を超えるスポーツの中からお気に入りのスポーツプロファイルの選択が可能、スマートフォンと連動することによりGPSにも対応。また、スマートフォンと連動しない場合は手首の動きから速度と距離を計測
  • A370を初めてご使用になる際には、本体をインターネットに接続したコンピュータまたはモバイルデバイスと接続し、初期設定を行う必要があります。対応OS:Microsoft Windows XP、7、8、10以降またはMac OS X 10.6以降。またはモバイルデバイス:iPhone4以降、iOS7以降、Android 4.3以降(スマート通知機能はAndroid 5.0以降)の対応機種
  • 対応アプリ:PolarFlow,Apple Health Kit,Google Fit,My Fitness Pal(iOSのみ),Map My Fitness対応センサー:PolarH10心拍センサー、PolarH7心拍センサー、H6心拍センサー
  • 操作:静電容量式タッチボタン、物理式ボタン(1箇所)センサー:POLAR独自の光学式心拍モジュール(2つの緑色LED、フォトダイオード)、3D加速度計重量:37.3 g (M/L) リストストラップのサイズ(手首周り):M/L 140-200 mm
  • 2年間のメーカー保証(消耗品等を除く・国内正規店購入の領収書が必要です)

メーカーより

A370 尚子

POLAR(ポラール) 【日本語対応/日本正規品】活動量計+リスト型心拍計

色:アイボリー・ホワイト

拡大表示

POLAR(ポラール) 【日本語対応/日本正規品】活動量計+リスト型心拍計

拡大表示
Polar Flow

トレーニングを計測し、Polar Flowで進捗状況を分析することでより達成度を高めることができます。フィットネスとトレーニング分析サービスはパソコンとスマートフォンでご利用できます。

  • Polar Flowは、トレーニングのプラン作成から分析、長期的な進捗状況の把握、コミュニティ機能により同じ目標を持った人よりインスピレーションを得たり、Polar A370を自分好みにカスタマイズすることができます。

Polar A370

活動量計・手首型24時間心拍計測

高度な睡眠分析機能も装備

  • Polar A370は、手首から心拍数を継続的に計測でき、1日の歩数、消費カロリーを正確に計測
  • 高度なPolar Sleep Plus 睡眠分析機能で睡眠の質を詳細に把握できます
  • Polar独自のトレーニング機能により効率的なトレーニングが可能
  • カラータッチスクリーンにより視認性がよく、素早く画面の切り替えができます
  • 心拍センサーとしても利用でき、Polarのサイクルコンピュータ等に心拍数を表示することも可能
  • 30m防水

主な特徴

心拍数を継続的に計測

拡大表示

Polar Sleep Plus

拡大表示

トレーニングガイダンス

拡大表示

スマートフォンのGPSを活用

拡大表示

心拍数を継続的に計測

継続的に心拍数を計測して、1日を振り返ることができます。自分の最大と最低心拍数を把握し、活動量と消費カロリーをより正確に把握することが可能

Polar Sleep Plus

高度な睡眠分析機能のPolar Sleep Plusで睡眠状況を把握し、睡眠の質的向上をサポート。

トレーニングガイダンス

トレーニング時の心拍ゾーンを把握し、適切な運動強度でのトレーニングをガイドします。また、トレーニングを事前にプランすることで、目標達成を手助けするガイダンスとフィードバックを提供

スマートフォンのGPSを活用

屋外でのトレーニングの際、Polar A370はスマートフォンのGPS機能と連携することで、速度、距離、ルートを記録

A360 M200 M430 M600
A370 A360 M200 M430 M600
継続的心拍計測
手首型心拍計測
Polar Sleep Plus
活動量計
GPS スマホ連携
スマート通知機能 英語表示のみ対応
交換可能リストストラップ
ランニングプログラム
カラータッチスクリーン
日本語表示

Polar製品は初めての購入ですpolar a370 はpcと連携して使ってますパソコンの「polar flow sync」で利用できるトレーニング管理が充実しているので有難いです腎疾患で食事と運動と血圧の管理が必要に成って此れを選びましたおまけで良かったのは「睡眠ログ」のソフトです,睡眠状態が判ります.運動は「ランニング」「ウオーキング」「室外トレーニング」「室内トレーニング」が主ですどれも、上手く測定して呉れて居る様に感じます気に入ってるのは、長く座ってると「動け」と言って呉れる所でしょうか(笑)時計は普通です、(故障前には日時曜日も表示出来ていた)そう、今は故障で修理した後の物を使ってます故障前の不具合は1:バンドの余りを抑えるゴムが2本バラバラで使いにくかった2:usbの防水キャップが開けにくかった3:スマホ(android系)とリンク出来なかった4:usbでのpcリンクに良く失敗した5:usbケーブル接続を認識しなかった特に4:と5:は同じ原因の様で、結果「故障品」としてメーカーへ修理に出しました費用は無料でした(送る時の送料は払った)無料には領収書が必要でしたが修理後の良い点1:余ったバンドの押さえゴムが2本まとめた形に改善されて戻ったので使いやすい2:usbの防水キャップの開け方が判ったので問題わ無くなった3:スマホとの連携はしない儘なので変わらず4:usbでのリンクの失敗が無くなった5:pcとの接続も一発で出来るようになった実は、此の問題の根本原因は時計側にも有るとは思いますが(無償修理してもらった)ユーザーの充電にも原因の一部が有る様に思います実は私は充電をpcからと市販充電器(5v、2. 4a)から行ってましたが、故障は市販充電器で急速充電をした後にpcとの接続不具合が起きて居たように、今は思っています修理後にも急速充電後にpc接続出来ない不具合が起きて3回ほど初期化対応しましたそこでハタと気付いてpcとusbケーブル接続してデータ移行と充電をする様に限定したら問題解消したからです接続トラブルが発生した方で、pc以外から急速充電している方は一度替えて見られると良いと思いますまたファームウェアのアップデートも関係していると思います(2018年版)に変えてから接続不良が頻発して結局動かなくなりましたので、此処も疑問なのですが元の古いファームウエアへは戻せないので充電に気を付けて今使って居ます着け心地は、普通だと思います、以前はカシオのプロトレックを使っていたので違和感は無いですただ、スポーツアンダーウエアーの袖がひっ掛かるので一々外さないといけません(もう少し薄いと有難い)ポラールのサービスは良いと思います、初めにtelした時に長く待たされてイラっとしましたが繋がった後の対応は良かったで、初期化の方法を教えて貰って、それで治らず結局修理(無償)してもらいました、日本人の応対でしたので、其処も信頼出来ましたただ、修理後は時計の時間表示の時に「日時と曜日」の表示が出来なくなりました評価は星4つとしました1:スマホ連動がいまだに出来て無い(私にやる気が無いのも在る)2:電気が2日しか持たない(多分フル計測してるからだと思う)3:年月日曜日の表示が出来ない(痴呆症には必要)4:急速充電が出来ない5:夜中に手を動かすと画面が光って目が覚める以上が不満点です、それ以外は大満足なので此れからも使い続ける予定ですPC接続不具合についての追記で評価を4から3へ 充電に気を付ければ、そこそこ使えるとして評価4にしましたが その後、何回かの接続不具合が出た事で評価を2へダウンします ...どうやら本体のメモリー周りが良く無いみたいな気がします  2日分のデーターを入れた時と1日で2回データーを入れた時に両方とも接続不良と成りました  毎日少しのデーターを入れた時には全て接続出来ましたので、機械的な不具合と言う依りも  内臓のデーターメモリー周りが不安定な様な気がします他の人には勧められ無い機種です評価の変更2先週あたりから、pcへの接続状況が善くなりましたポラール側のソフトが改善された様です..多分!?先週から100%接続できてます他社製品へ買い換えようと思ってましたが..もう少し様子見て見ます接続問題が解消されたので評価を☆4つへ戻します.

ロードバイクでのm450が良かったので購入し、とても満足しています。.

肉体労働系の仕事にも使ってます。ガラスが固いので少々ぶつけても傷がつきません。水がかかっても大丈夫のようです。トレーニングモードで使用すると、長時間になると電池の消費が早いようです。時計バンドはシリコン系で柔らかく微妙に伸び縮をするのできつく感じません。某生命保険関係で使い始めました。そこのところは…がんばります。.

日常の心拍を見るために購入。スマートウォッチのように通知をしてくれるためとても便利です。ただ、アプリが少し複雑なので、めんどくさがりの方は注意が必要になります。.

娘用に購入 使い勝手はよいのですが充電のカバーが無くなり 部品だけは購入出来ないようで…。デザイン 機能性は良いです.

睡眠の測定を目的に半年ほど使っています。初めての活動量計です。4時間未満の睡眠にはsleep plusでの解析はしてくれないそうですが、測定してくれた分の解析結果を見ると睡眠の調子がわかって面白いです。歩数計や心拍数も問題なく使えていますが、比較対象がないので正確性はわかりません。時計はいくつか表示パターンが用意されていて、デザインによっては色を変えることもできます。時計表示されている画面を長押し(3秒くらい、長めです)するとパターンが出てきます。スマホアプリ側で設定した時間にアラームとして振動させることが出来ます。しっかり振動してくれるので朝便利です!設定時間をいくつか出来るようになると嬉しいんですけどね。充電は3日に1回くらいで、たまにファームアップの確認でpcに繋いでいます。スマホアプリもpcの方でも見やすいです。一度使い方で電話問い合わせをしたのですが、日本人の方でとても丁寧に対応してくださりとても嬉しかったです。.

電池持ちが良い通知は来たり来なかったりだが許容範囲my fitnesspalとgooglefitと連携出来て便利.

この機種を動作させるためにはpolar専用サイトで個人情報を入力した後,パソコンにアプリケーションをインストールし,さらにパソコンとの同期作業が必要になる。がしかし,同期ができない。カスタマーサービスの対応も決して良いとは言えない。おすすめはできません。.

まず、pcでpolar flowアプリと同期しないと時計も使えない謎仕様。心拍数をサイクルコンピューターに転送するモードにしたら、心拍数以外は表示できないよう。時計くらいはみれるようにしてほしい。(心拍数ならサイクルコンピューターで見れますからね!)悪くない製品だと思いますが、かゆいところに手が届かないかなと。サイクルコンピューター用の心拍計と割り切るか、あるいは単体でアクティブトラッカーとして使うか。.

使用感は非常に良いですね。消費カロリーや睡眠の質も把握出来るので重宝しています。レズミルズプログラムが好きな方は自分の運動量もわかるのでオススメです。ただ、通知内容がわかりにくいのと、もう少し安いと、、笑.

前に買ったのが、防水パッキンをなくしたので、再購入しました.

歩数や心拍数などの活動量を測るため2万円以下で比較的安く購入しましたが、腕へのフィット感がいいです。また使い方も分かり易く、パソコンアプリとも容易に接続できました。ただ腕に汗をかくと接触部に少しかゆみを感じますが、防水タイプなのできれいに拭きながら、長く使い続けたいと思います。.

運動不足の解消だけでなく、睡眠の状態も分かるので、生活全般の改善に役立ちます。運動の強度も心拍数で客観的に判断できるので、過度の運動で疲れるのを防ぐこともできます。必要な運動量が思ったより少なくて済むのと、運動も、もうっと楽なペースで充分と分かって助かっています。.

最高に気に入ってます。レスミルズのプログラムが入っているのとgps機能が良いです。.

レスミルズとのコラボということでa370を買いました。実はウェアラブル端末はこれで3台目。オムロンの活動量計も含めると5台使ってきました。オムロンはサービスが終了してしまったので泣く泣く終了。docomoの端末は睡眠も測れるとのことでしたが「今から寝ます」「起きました」といちいち押さないといけないし端末は見づらいしとにかく使いにくかったです。polarはその点睡眠も自動だし(最初は計れてなかったので心配しました)割と正確だし安心しました。ただし最初の設定がマニュアルをダウンロードしないと説明がザックリすぎて全然分かりません。アプリも分かりにくいですね。でも今までと違ってレスミルズやエアロビクスの活動量を記録できるのは嬉しいです。設定はアプリでしておき、スタジオで開始前に端末からプログラムを選んで設定するだけです(開始と終了を押さないといけませんが)。ちょっとごついので着替えや仕事中にひっかかりますが、運動ではいまのところ問題ないです。【しばらく使ってみて感想追加】コンバットでは腕を振るとA370がプルプル動くのが気になるので、穴をひとつきつめに締めることにしました。そうすると動かなくていいです。防水とのことですが、1日中付けてるため入浴中に充電することにしています。メールに通知などはオフにしているので、バッテリーが切れる事態は今のところありません。レスミルズではコンバット、パンプ、バランスをやっていますが、脂肪燃焼効率がパンプが最高56%と出て驚きました。やっぱり無酸素運動は燃焼効率が良いんですね。消費カロリーはコンバットですが(アタックは現在やってないので)、曲によって消費カロリーが結構違います(笑)。【使用経過】使い始めて2ヶ月、順調でしたが突然画面が真っ暗になり使用出来なくなりました。心拍数などは計測出来てるようですが本体のモニタが見えないのでトレーニングが記録できません。早いなーと思いましたがサポートのメールの返信も早くてサポートの案内もわかりやすく、スムーズでした。早く治るといのですが。【修理とサポートについて】対応が悪いというレビューも散見されますが、私の場合はこちらで購入した際の履歴を同封したこともあってかメールの返信から修理受付・修理完了連絡から返送まで極めて迅速で満足のいく対応をしていただきました。元通り治ってきたのでpcで再同期し、使用再開しました。問題なく動いています。.

測定データに信用がおける。機能的にも必要にして十分。.

心拍計機能を求めて買いました。心拍数の測定はかなり細かく正確で満足です。グラフも見やすいです。画面表示は、結構しっかり手を振るかボタンを押さなければ出てこないのが惜しい。タッチで見えるようになるといいのにと思います。睡眠測定は、途中の覚醒とかが少し不正確です。同期は、パソコンとipadとはすぐにできましたが、スマホとのリンクがうまくいかなくて、今調査中。ケータイの方の問題もあるみたいですが。.

普段は活動量計、運動時にリストバンド型心拍数計として、さらにbleでサイコン連動できる製品は多分これしかありません。サイコンがgarminの場合は、vivosmart4を買った方が幸せになれると思います。さすが健康器具メーカーだけあって、心拍数は正確に出てると思います。乳バンド型の精度には及びませんが、あの煩わしさから解放されるだけの価値はあります。心拍数計として利用している時は、心拍以外の表示できないのが残念ですが、全体的には満足しています。.

ベスト Polar(ポラール) 【日本語対応/日本正規品】活動量計+リスト型心拍計 A370 レビュー

Polar(ポラール) 【日本語対応/日本正規品】活動量計+リスト型心拍計 A370
4.8 / 5    35